一人で生きていけないからって群れるとは違う。

どこへ行くにも、何をするにも一緒。

ちょっとハズれたことしたら、戻そうとする。


蟻の行列が乱れないように。

乱れたら即座に修正しようとするように。


レール一本、人生はそんなまっすぐじゃない。

分岐点で信号は灯らないし、警鐘が鳴るわけでもない。


手を組んで、ときどき同じ道を行くことはあっても、

すれ違いざまに、一瞥するくらいでいいんじゃないか。


人の気配が邪魔なら、仙人にでもなればいい。

村のような狭い人間関係にいなくても、

ネットワークにがんじがらめじゃ意味がない。

どこにいても繋がって、身動き取れないってどういうことなんだろう。


ときどき、スマートフォンも投げ捨てたくなる。

知ってほしい私なんて、誰も知らなくていい。


神さまと星だけが、ほんの少し覗くぐらいでちょうどいいんだ。

袖振りあうくらいの縁があれば、生きていけるよ。



0コメント

  • 1000 / 1000